タイヤ&ホイール

出典:イラストAC

車を売るときに、パーツは買取価格にどのくらい影響を与えるのでしょうか?

基本的に純正品でないパーツは価格が下がりやすいです。

逆に純正品が揃っていると価格は高めの傾向です!

【そもそも純正品とは!】
メーカーが販売しているパーツで、車を購入した時に最初からついているパーツがそうです。(もちろんオプションで付けたパーツでも、そのメーカーのモノならOKです)

よくマフラーなど改造品の場合が多いですよね。元の純正マフラーじゃないと価格が落ちてしまいます!

でもパーツの交換代がかかるので、基本的には改造した車はそのまま売った方が結果的に多くのお金が入ります♪

タイヤとホイールに注目!

さて、パーツの中では純正よりも社外品の方が高くつくモノがあります。

それは・・・タイヤとホイールです。

何故社外品の方が高い値が付くのか!それは純正より社外品の方が性能が高いことが多いからです。

最初から付いているタイヤやホイールって結構しょぼいんですよ~

なので、タイヤとホイールに関しては純正の戻す必要はありません。

タイヤ交換は安くても1万円以上しますしね…

それに、余ったタイヤはパーツ専門店で買い取り可能なのでそちらもお試しください。

もちろん、大きすぎるタイヤやギラギラしたタイヤなど、やりすぎはマイナス評価なのでご注意を!

それではまた~